ボートで釣るワカサギの釣り方

スポンサーリンク
ボートで釣るワカサギの釣り方 釣り方・仕掛け・道具
スポンサーリンク

ボートで釣るワカサギの釣り方

ワカサギ釣りと言うと、凍った湖面に穴を開ける「穴釣り」が有名です。というか一般的なイメージは穴釣りみたいですね。

今回は、ちょっと一般的にはマイナーですけど沢山釣れる「ボート」釣りをご紹介します。

ワカサギは他にも、「陸釣り」や「ドーム船釣り」なんてのもあります。

入鹿池でのおかっぱりワカサギ釣り
ワカサギ釣りは、ボート釣りや氷の上からの穴釣りなどのイメージが強いかと思います。しかし、地元の釣り人は結構おかっぱりでワカサギを釣っています。今回は、入鹿池のおかっぱりワカサギ釣りのご紹介をしていきます。
諏訪湖のワカサギドーム船一覧をご紹介
諏訪湖でワカサギ釣りするなら。諏訪湖の周りのワカサギ釣り用ドーム船一覧をご紹介していきます。「民宿みなと」「諏訪湖観光汽船」「諏訪湖釣舟センター( 諏訪湖レジャーセンター)」を紹介しています。

ワカサギの特徴

大きさ

10㎝~15㎝ぐらい。

時期

11月~2月がトップシーズンです。ただ、年中釣れるには釣れます。

しかし、冬場以外は他の魚(ブルーギルなど)の活性が高いので釣り分けるのは不可能ですけどね。

食べ方

天ぷらが一般的です。美味しいです。

他にも、「かき揚げ」「甘露煮」「素焼き」「唐揚げ」など結構どんな料理でも美味しくいただけます。

珍しい所では、寿司にしたりも出来るみたいです。

参考サイト

ワカサギの釣り仕掛け

竿

通常の竿と違いワカサギ用の竿は平らです。ペラペラですが、粘りがあるので折れる事はありません。使うオモリによって硬さを選んでください。

メーカー品を購入すれば間違いありませんが、竿は自作出来ます。私は自作竿で釣ってます。

ワカサギ釣り便利グッズ自作方法【穂先・たたき台・針外し】
ワカサギ釣りの便利グッズを自作する方法をご紹介しています。具体的には、「竹で作るワカサギ用穂先」、「ベニヤ板と万力で作るワカサギ用たたき台」、「フォークで作るワカサギ用針外し」の作り方をご紹介していきます。

リール

リールは大きく分けて、電動か手動かに分かれます。

電動リールだとこのような手で握るタイプが主流です。実売1万円前後で購入出来ます。

ただ電動リールは自作も出来ますので、私は自作の物を使っています。

ワカサギ用電動リールの自作方法をご紹介します
ワカサギ用電動リールの自作方法をご紹介しています。愛知県入鹿池にてワカサギ釣りをしています。最近まわりも電動リールを購入していますが、私はお金が無いので購入出来ません。購入できなければ作るしかない。という事で自作してみました。

手動タイプはセット物を購入するのがおすすめです。安いので初心者におすすめです。これでも特に問題無く釣れます。

まあ、電動だとポイので見た目は良いですね。実際は手動で問題無いですけどね。この辺は好みで選んでください。

仕掛け

糸・オモリ・ハリなどが必要になります。

ワカサギ用は高いので、アジ・メバル用のPEがおすすめです。0.3号で100mあって1000円きります。

初心者はドーム用がおすすめです。5本しか針が付いていないので扱いやすいです。

その他

【魚探】

必須とは言わないですが、あれば釣果に差が出ます。ワカサギの群れにダイレクトに仕掛けを入れれればまあ釣れますよね。

ただ、ちょっと値段が高いです。高いんですがメーカー品をおすすめします。

以前1万以下の魚探を購入しましたが、まったく使えなかったです。まあ、メルカリで売却出来たんでよかったですけど・・・。

【あぐら椅子】

ボートで1日座っていると腰と足が痛くなってきます。椅子があるとかなり楽なので持っていくことをおすすめします。椅子の座面高が高いと、ボートが転覆する危険があります。座面高の低いタイプを購入してください。

使用時サイズ:W45×D45×H49cm、座面高18cm

【たたき台】

ボートで電動リールを使う場合は必須の釣具になります。船べりに着けると、電動リールを置く場所になります。

まあ、ただの台に5000円もかけたくないので私は自作しました。

ワカサギ釣り便利グッズ自作方法【穂先・たたき台・針外し】
ワカサギ釣りの便利グッズを自作する方法をご紹介しています。具体的には、「竹で作るワカサギ用穂先」、「ベニヤ板と万力で作るワカサギ用たたき台」、「フォークで作るワカサギ用針外し」の作り方をご紹介していきます。

【針外し】

これメチャクチャ便利です。ワカサギって小さくて、数が釣れるので、針を外すのがメンドクサイんですよね。

これがあれば、ワカサギが付いたままの針を針外しに通すだけでスルッと外れます。気持ちいい。

ただ、1000円超えは高い。ってことでこれも自作してます。

ワカサギ釣り便利グッズ自作方法【穂先・たたき台・針外し】
ワカサギ釣りの便利グッズを自作する方法をご紹介しています。具体的には、「竹で作るワカサギ用穂先」、「ベニヤ板と万力で作るワカサギ用たたき台」、「フォークで作るワカサギ用針外し」の作り方をご紹介していきます。

ワカサギの釣り方

ワカサギは群れで移動する魚ですので、その日どこにいるのか?どの棚にいるのか?を探っていくのが大切です。

その為、最近は魚探で釣るスタイルがはやっています。確かに、現地でもピッピっと音がよくなっています。

ただ、魚探は高いので私は使っていません。その為、魚探に頼らない釣り方をご紹介します。

ワカサギを釣る時期は2月

魚探が無いので、ワカサギが底に溜まる厳冬期のみ釣りを行います。

ボートが集まっている所に行く

こちらも魚探が無いので、ワカサギのいる場所がわかりません。ただ、釣り人の性なのか釣れてるポイントは人が集まってきます。

そこに行けば釣れる可能性があるので、そこに行って釣りしてください。

狙うのは底

基本底のみで釣りしています。まず、釣り場に着いたら底までオモリを沈めます。

誘いは常におこなう

沈めたらゆっくり誘いを入れ続けます。活性が高い時は、入れパクになりますが基本的に誘いは必須です。

誘いのタイミングは、周りの釣れてる人に合わせればOKです。沢山いる釣り人の中でも明らかに釣っている人がいますので良く観察してみてください。

餌は赤虫

ワカサギ釣りの餌でメジャーなのは、「紅サシ」か「赤虫」です。基本的に「赤虫」のみで釣りしています。

紅サシでも問題無く釣れる時もありますが、赤虫の方がどんな状況でも釣れる気がします。

もし、紅サシで釣れないって方は赤虫も試してみてください。

ワカサギ釣りポイント

ワカサギ釣りのポイントは、ボート屋さんのHP等確認してください。釣果情報で情報出している所が多いです。

「ポイント・棚・エサ」あたりは確認しておいてください。

まあ、ボートの場合釣れるポイントにみんな集まってくるので、船団の近くで釣れば問題ありません。

愛知県の入鹿池のポイントは以下の記事でまとめています。

愛知県入鹿池のワカサギ釣りのポイントを紹介するよ!
愛知県入鹿池のワカサギポイントを紹介しています。具体的なポイントは、レイクサイド前、稲荷山前、灯台前、中央いかだ、教会前、今井川河口、赤壁、火の用心、土管前、十三塚、五条川河口、郷川河口など。

まとめ

ワカサギって結構簡単に釣れる魚ですが、腕の差が露骨に出ます。初心者でも30匹くらいは釣れますが、100匹は中々超えれないです。1000匹とか異次元ですね。

ということで、100匹くらいであれば頑張れば超えれますので、今回紹介した事を参考にしてみてください。