諏訪湖のワカサギドーム船一覧をご紹介

諏訪湖ドーム船一覧 釣り
スポンサーリンク

諏訪湖のワカサギドーム船一覧

※諏訪湖は遊魚料として1000円/日かかります。

民宿みなと

ここは有名ですね。諏訪湖のドーム船といえば、「民宿みなと」ですかね。私もだいたいここでワカサギ釣りをしています。

民宿ですので泊まる事も出来ます。1泊2食付で6500円(税込)~ のようです。

住所:長野県岡谷市湊 5-14-7

電話: 0266‐23‐4423

料金:3700円(1日)

レンタル竿:手バネタイプ(500円)と電動タイプ(1500円)

時間:6時(受付)7時~15時

備考:仕掛けとエサの販売あり。貸切ドーム船あり。竿の全長は60cm以下。

諏訪湖観光汽船

東洋観光事業株式会社が運営しており、メインの事業は遊覧船で諏訪湖をクルーズ しています。冬のワカサギのシーズンにドーム船を運用しています。

運営会社の東洋観光事業株式会社は、長野県でホテルも運営しています。

住所:長野県諏訪市湖岸通り3-1-27

電話: 0266-52-0739

料金:3400円(1日)

レンタル竿:手バネタイプ(200円)

時間:8時~15時

備考:仕掛けとエサの販売あり。温泉とのパック料金あり。

諏訪湖釣舟センター( 諏訪湖レジャーセンター)

こちらも遊覧船メインの会社のようです。ワカサギ釣りは9月中頃から3月までです。

平日限定ですが、釣れたてのワカサギを天ぷらで食べる事ができます。

住所:長野県諏訪市渋崎1792-375

電話:0266-52-1199/0266-53-6540

料金:3200円(1日)

レンタル竿:レンタル竿あり

時間:7時~15時

備考:仕掛けとエサの販売あり。平日のみ釣りたて「天ぷら」あり。竿の全長は60cm以下。

諏訪湖のワカサギ釣り方

諏訪湖は、周囲16kmほどの湖です。長野県岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町に接しています。底は最深部で5mほど。

底まで5m程ですので、手バネ竿での釣りも可能です。しかし手返しを良くするためにも電動リールの使用をおすすめします。

諏訪湖のワカサギは小さいので、ハリのサイズは1号で問題無いです。重りも1号以上は必要ないです。

エサの付け替え頻度や、エサを切ってエキスを出すなどの工夫をすると、大きく釣果に差がでます。

諏訪湖のワカサギ釣りおすすめ釣具

諏訪湖で使いやすい仕掛けをおすすめしていきます。

【電動リール】

リールは、ダイワかシマノが安心して使えます。

リールに1万円もお金をかけられない人は、自作する方法もありますよ。

参考:ワカサギ用電動リールの自作方法をご紹介!

【穂先】

穂先は先調子の方がかけやすいかと思います。重りが1g以下なので、ssかsssを選べば問題無いです。

【仕掛け】

ささめ針(SASAME) ワカサギドーム60 C-227 0.8号

ささめ針(SASAME) ワカサギドーム60 C-227 0.8号

151円(11/30 14:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

この仕掛けは、全長が短いのでドーム船で使いやすいです。そして安いです。これの1号がいいと思います。

まとめ

今回は、諏訪湖のドーム船業者「民宿みなと」「諏訪湖観光汽船」「諏訪湖釣舟センター( 諏訪湖レジャーセンター)」を紹介しました。

例年1月中はよく釣れています。釣れている間に釣行に出かけてみてください。

※2月に入ると結氷する場合があります。結氷すると出船出来ませんので、釣行前に各ドーム船に電話してからお出かけください。