入鹿池でのおかっぱりワカサギ釣り

入鹿池おかっぱりでのワカサギ釣り 釣り方・仕掛け
スポンサーリンク

入鹿池でのおかっぱりワカサギ釣り

ワカサギ釣りは、ボート釣りや氷の上からの穴釣りなどのイメージが強いかと思います。

しかし、地元の釣り人は結構おかっぱりでワカサギを釣っています。

今回は、入鹿池でのおかっぱりからのワカサギ釣りをご紹介していきます。

入鹿池でのおかっぱりワカサギ釣りに必要な仕掛け

おかっぱりからのワカサギ釣りは、全国のワカサギが釣れる湖ではだいたい行われているようです。通常は長いノベ竿の先にワカサギ用の仕掛けを付けて釣ります。

入鹿池、諏訪湖、高滝湖のように漁港があれば漁港で行います。

ただ、入鹿池の場合すり鉢状の湖の為、湖岸の水深が浅いのでノベ竿での釣りは不可能です。漁港のような施設もないですし。

その為、入鹿池では「投げサビキ」の仕掛けを使用します。

投げサビキの仕掛けの先にワカサギの仕掛けを付けて釣ります。

こういう仕掛けのサビキ部分を外して

ワカサギ仕掛けに変更します。

仕掛け本数は多いと絡まるので、少ない方がいいです。5本くらいがベストです。

重りは、浮きの号数に合わせてください。

入鹿池のおかっぱりでのワカサギの釣り方

釣り方は主に二通りあります。浮きを付けた投げサビキ釣りか、浮きを外したぶっ込み釣りかです。

ワカサギは基本的に底にいる事が多いので、根がかりが少ない場所ならぶっ込みが有利です。

あまりに根がかりが多いようだと、浮き釣りになります。

浮き釣りの場合も基本的には底狙いになりますので、浮きのタナ取りは重要です。

浮きでワカサギのあたりを取ることは不可能ですので、重りは重めでも軽めでも問題ありません。

狙う時間帯は、朝マヅメと夕マヅメが確実です。ワカサギ自体も浮いて来る為、浮き釣りで狙いやすくなります。

入鹿池のおかっぱりでのワカサギのポイント

おかっぱりからワカサギを釣る場合、ポイントは限られてきます。

「今井川河口」か「ボート小屋前」のどちらか駐車場からも近く、比較的水深も深いので釣り安いかと思います。

他のポイントは近くに駐車場が無いか、浅すぎて釣り難いです。ボートで釣るならいいポイントも多いですが、おかっぱりだと厳しいですね。

参考:その他のワカサギポイントはこちらで記事にしています

参考:入鹿池でボートワカサギをする場合はこちらで探せます

まとめ

入鹿池でワカサギをおかっぱりから狙う方法をご紹介しました。

釣り方のキモをまとめると、

①狙う時間は、朝夕マヅメ

②仕掛けは浮きサビキ仕掛け(サビキ部分はワカサギ仕掛けに変更)

③エサは赤虫かベニサシ

④ポイントは、「今井川河口」か「ボート小屋前」のどちらか

是非参考にしてみてください。

【今回のおすすめ釣り本】

ワカサギ釣り完全ガイド―釣って楽しい!食べて美味しい!! (COSMIC MOOK)

ワカサギ釣り完全ガイド―釣って楽しい!食べて美味しい!! (COSMIC MOOK)

1,100円(12/06 02:34時点)
発売日: 2018/09/21
Amazonの情報を掲載しています