愛知県・三重県で使えるアナゴ釣り用の仕掛けの作り方!

冬のアナゴ釣り 釣り方・仕掛け
スポンサーリンク

愛知県・三重県で使えるアナゴ釣り用の仕掛けの作り方!

12月も後半になり、めっきり寒くなりました。寒すぎて、寒すぎて、釣りに行く機会も減少する一方です。

しかし、12月1月は愛知県・三重県界隈では新子のアナゴが数釣れるようになってきます。

今回は、そんなアナゴ釣りのおすすめ仕掛けと釣り場をご紹介していきます。

因みに、アナゴは夜に釣ります。夜釣り用のおすすめライトも記事にしています。

買って良かった。釣り歴20年が選ぶライト3選【ランタンタイプ・ヘッドライト等おすすめを紹介】
釣り歴20年が選ぶ、本当に買って良かったと思えるライトを3つご紹介しています。ランタンタイプにヘッドライト等おすすめを紹介。釣り用UVライトも紹介しています。

アナゴ仕掛けの自作方法

アナゴの仕掛けは、市販品も出ています。しかし、アナゴの特性上どうしても仕掛けの消耗が速く、アナゴが絡まるたびに毎回捨てるのも、既製品だと高いのでちょっと勿体なく感じていました。

その為、市販品ではなく自作した仕掛けでアナゴ釣りを楽しんでいます。

仕掛け自体も単純ですので、よければ自作してみてください。

因みに市販品はこんな感じのを使っていました。

結構高いですね。では自作方法をご案内していきます。

アナゴ仕掛けの材料

アナゴ自作釣り仕掛け

ライン:3号(500m巻きの安物)

重り:10号中通し

針:丸セイゴ(10号~12号)

他:蛍光チューブ(アナゴの巻きつき防止用)ケミカルライト(100均)

アナゴ仕掛けの作り方

自作アナゴ釣り仕掛け

まずは全体図から。

写真のような形に仕掛けを作っていきます。蛍光チューブの長さは5cm~10cmで調整して下さい。最悪蛍光チューブは無くてもOKです。

ハリは、丸セイゴがおすすめです。ウナギバリみたいな細いハリだと飲み込まれる事が多く、使いづらいです。

ハリスは5㎝~10㎝にします。船アナゴ釣りだとハリスは5㎝くらいですが、ショアアナゴはもうちょっと長い方が食いがいいです。

ハリスと道糸はヨリモドシで接続します。ヨリモドシが無いと仕掛けがグチャグチャになります。

中通し重りを通したら、その上にケミカルライトを付けて完成です。

100均のものに比べると、ルミカ製のが段違いで明るいです。しかし、そこまで光量は必要無いと思いますので、私は100均製の物で十分だと思います。

活性が高く、釣れ続くようであれば外してしまっても問題ありません。アナゴ釣りの仕掛けは少しでもシンプルな方がいいですからね。

アナゴのエサ

アナゴはエサの選り好みが少ない魚かと思います。青イソメ・魚の切り身・あけみ貝など、何でもそれなりに釣れます。

しかし、私はこれらの一般的なエサは使いません。使うエサは、よりコスパが良く、よりエサ持ちが良く、より食いつきがいいエサ。

そう、イカの短冊です。

しかも自作していますので、100円分のイカで1年間アナゴが釣れます。青イソメ一杯500円とかアホらしくなってくるほどの高コスパっぷりです。

以前自作方法を記事にしましたので、エサ代を抑えたいと思っている方は参考にしてください。

【自作釣り餌】最強・最安の釣り餌の作り方【イカの短冊・イカタン編】
最強・最安の釣り餌の作り方【イカの短冊・イカタン編】 みなさん、海釣りの餌って何を使っていますか? イソメ?沖アミ?アミエビ?この辺りがメインの釣り餌ですかね。 私も良く使う餌ですが、高いですよね? 50g/500円って...

イカエサは、他にチヌも良く釣れます。あと、エイとかね・・・。

愛知県・三重県のアナゴ釣り場

愛知県(衣浦トンネル碧南側)

ここの釣り場は、夏に親アナゴ(~50cm)冬に新子のアナゴ(~30cm)が釣れます。

衣浦トンネル碧南側は、全域どこでもアナゴが釣れます。この釣り場は、夜の24時まで電灯がついているので夜釣りがしやすいです。

釣り場正面は、手前から50Mくらい岩場になっている為根がかりが酷いです。手前でも釣れますが、釣り難いのでちょい投げで狙います。

釣り場正面から、左側の内側でもアナゴは釣れます。こちらは特別根がかりも無く底は泥ですので釣りやすいです。風向きによっては風裏になる為、冬の夜釣りにはありがたいです。

全体的にそうですが、特に遠投は必要ないです。堤防際に落とし込んでも釣れます。

衣浦トンネル碧南側は、アナゴ以外にも、チヌや根魚も釣れますよ。

釣り場の詳細はこちらで紹介しています。

愛知県三河湾のおすすめ釣り場【マゴチ・キス・ハゼ・ギマ】
愛知県三河湾のおすすめ釣り場【マゴチ・キス・ハゼ・ギマ】 愛知県在住の釣り人が、三河湾のおすすめの釣り場をご紹介します。 三河湾は、知多半島と渥美半島に挟まれている。水深は比較的浅く、9mほどしかない。 外洋に直接面していない...

愛知県(名古屋港海釣り公園)

現在は津波対策で嵩上げ工事中の為、2014年1月から立ち入り禁止です。工事は終わったようですが、釣り公園として再開はしないようです。非常に残念です。

立ち入り禁止前は、夏と冬にアナゴが良く釣れていました。

三重県(霞埠頭ウール岸壁)

ここの釣り場も、夏に親アナゴ(~50cm)冬に新子のアナゴ(~30cm)が釣れます。

他に、コウイカやタチウオ、タコ、ヒイカなんかも有名ですね。ライトワインドでチヌも釣れます。

アクセスも国道23号から直ぐで、名古屋から下道で60分くらいで到着します。

霞埠頭全体が工業港の為、夜間でも非常に明るいです。釣り場も車横付けで、夜間電灯がついているので至れり尽くせりで釣りやすいです。

この釣り場は全域泥底ですので、ほぼ根がかりは無いかと思います。

こちらも足元~ちょい投げ程度の距離を探ればOKです。

釣り場の詳細はこちらで紹介しています。

三重県四日市の【霞埠頭】のおすすめ釣りポイント
三重県四日市の【霞埠頭】のおすすめ釣りポイント 「霞埠頭」は、三重県四日市市の海に突き出した巨大な埋め立て地になります。 タンカー等も接岸する為、水深はかなり深いです。また、底は全域ドロです。 車横付けで釣りが出来るポイントが...

三重県(四日市沖堤防)

最後に、四日市の沖堤防をご紹介します。

わざわざアナゴ釣りに沖堤防まで行く人はいないと思いますが、その為、異常なまでに魚影が濃くなっています。誰も釣らないので減らないんでしょうね。

夏のみの釣果ですが、~30cmまでのアナゴがたくさん釣れます。

ここは、堤防際5Mほど基礎が入っており、その先は砂地です。釣り場自体が広大な為、投げて探るよりも足元の探り釣りの方が効率的かと思います。

また、アナゴの巣のようなものがポイントポイントであるようです。巣に当たれば、毎投釣れますが、外すとアタリが激減します。

その為、柔らかめのルアーロッドでの探り釣りをおすすめします。

ブラクリ仕掛けを使うとアナゴが絡まらなくておすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

12月1月と釣り物が減るなか、貴重なターゲットのアナゴを狙ってみてはいかがでしょうか。

冬は、寒いので釣り場横付け出来るポイントがおすすめです。上の釣り場だと、「衣浦トンネル碧南側」「霞埠頭ウール岸壁」はおすすです。