青物を釣る為のショアジギングタックルを紹介します

青物を釣る為のショアジギングタックルを紹介します 釣り方・仕掛け
スポンサーリンク

青物を釣る為のショアジギングタックルを紹介します

愛知県・三重県界隈でショアジギンで青物を釣っています。

2019年には青物の大接岸があり、どこの釣り場も満員御礼でした。2020年になり、ちょっとは落ち着いてきましたが、場所によっては青物が釣れております。

今回は、私が普段青物を釣っているタックルやルアーをご紹介いたします。

ロッド

実売1万円以下で購入可能です。

LSJタイプになりますので竿は柔らかく、ジギング以外にも「タチウオ」や「シーバス」「キス釣り」なんかにも使用できて汎用性が高いです。

まあブリクラスになると、流石に力負けしますが、ワラサクラスまでなら余裕で取れます。

リール

釣りで使うリールは、ほぼこのシリーズ以外使っていないです。

シーバスもこれ。アジングもこれ。管釣りもこれ。チニングもこれ。もちろんサイズは変えてますよ。

まあ、それくらい完成度の高いリールだと思いますね。

ライン

ショアジギだと1号をメインに使用しています。実売1000円ちょっとで買えます。まあ安いですね。

難点としては、グリーン単色だと色移りすることです。グローブとかグリーンになります。

まあ、私は別に気にならないんでいいんですけど、気になる人は他メーカーの商品をおすすめします。

他メーカーだとデュエル(DUEL)をおすすめしますね。

ルアー

青物を釣る為のルアーはジグとプラグを使い分けています。

と言っても、私の青物釣行は80%くらいはジグ投げてるんですけどね。

ジグ

これの30gと40gを愛用しています。カラーは、「ゼブラグロー」「レッドゴールド」「シルバー」「ブルーピンク」「ピンク」をメインに使っています。

私のショアジギ釣行の80%はこのジグを投げています。

安くて釣れるので、ジグはこれだけあればいいと思います。

メーカーのメジャークラフトについては別記事もあります。最近釣具のレパートリーが増えてきて嬉しい限りですね。

このメーカーの価格設定みてると、釣具業界っていかにボッテルかがわかりますね。

安くてコスパ抜群!おすすめ釣具メーカー【メジャークラフト】
安くてコスパ抜群な釣具メーカー「メジャークラフト」。メジャークラフトのおすすめ釣具も紹介しています。

青物を釣る為のショアジギングタックルを紹介します。 青物を釣る為のショアジギングタックルを紹介します。

メタルランナー2

他にも、イシグロの3つで980円のジグも使用しています。扁平ボディーの為、フォールでユラユラ誘ってくれます。

この動きにしか反応しない時があるので必ずローテーションに加えています。

重さは40gで、カラーは「コットンキャンディー」「グロー」「オレンジゴールド」がおすすめです。

プラグ(ミノー・シンペン・ポッパー)

既製品のプラグって高いですよね~平気で2000円とかします。

 

誰が買うねん。

 

って事で私は激安プラグを愛しています。普通に釣れるしね。

激安ルアーはこの辺で購入出来ます。

アリエクスプレス(AliExpress)

サニールアーズ

アリエクスプレスは別記事でご紹介しています。

激安でルアーを購入できる!アリエキスプレス(AliExpress)でルアーを購入する方法
激安でルアーを購入できる!アリエキスプレス(AliExpress)でルアーを購入する方法 最近ネット通販で釣具を買うことが増えてきました。 昔は送料がかかったので、店舗で購入した方が安く購入できました。ただ最近は、アマゾンなら送料無...

ジグサビキ

20㎝くらいのアジやサバ、カマスなどを狙う時におすすめです。ジグサビキ専用品も釣りやすくていいんですが、普通のサビキ仕掛けを流用しても釣れます。

普通のサビキ仕掛けだと、針数が多く沢山釣れます。

ジグサビキに関しては、別記事もありますのでご覧ください。

サバ・アジ・カマス釣りに最適!安くて釣れる「おすすめジグサビキ」はこれだ
安くて釣れる「おすすめジグサビキ」をご紹介します。サバ・アジ・カマス釣りなどにに最適です。ショアジギの際にジグサビキを行えば、お土産確保出来る可能性が大幅にアップしますよ。

その他

遊びでこんなの投げてます。

オモック【オモフック】とナスック【ナスフック】の自作方法
オモック【オモフック】とナスック【ナスフック】の自作方法 今週末、和歌山県まで船五目釣りに行ってきます。ターゲットは、カサゴ・メバル・タイ・アジあたりになります。 そこで、最近釣り界隈で噂の「オモック(オモフック)」なるものを使って...

まだ青物は釣った事無いですが、根魚は普通に釣れます。

これで釣れれば、釣りにかかる費用がかなりコストダウン出来ます。

なんとか青物一本釣りたいです。

小物

ショアジギで青物を釣るのにあると便利(必須)な商品をご紹介します。

スナップ

アマゾンで140個入りの物を購入して使用しています。実際に数えたら150個入ってました。

実釣ではワラササイズを上げましたが、伸びる事は無かったです。

一回購入すると、もう何年も買わなくて済みますね。

ナイフ

釣れた魚の血抜きと内臓出し用のナイフです。

青物釣ったら最低でも血抜きはした方がいいですね。生臭く無くなりますから。

釣りで使うナイフは、別記事で詳細を記載しています。

安くて丈夫な釣り用のおすすめナイフをご紹介します
安くて丈夫な釣り用のおすすめナイフをご紹介します 釣り専用ではない。 でも、釣りで使える。使いやすい。そして安い。そんなナイフをご紹介していきます。 今回ご紹介するナイフは、私が実際に釣りで使用しているものになります。 ...

グリップ

こちらも980円くらいの特価品を使っています。

グリップってなかなか壊れないですね。これも10年くらい使っていると思います。

手袋

青物を釣る為のショアジギングタックルを紹介します。

釣り具として買うと高いので、ワークマンの商品を愛用しています。

他にも、レインコート、防寒着などワークマンです。

最近は、アウトドアやツーリングを意識したラインナップが増えてきましたね。

タモ・ギャフ

ブリを釣る日を夢見て、ギャフだけは購入しています。早く使いたいです。

タモは釣具屋の特価品を使ってます。5.5mのチヌ用のやつです。

まあ、ワラサくらいならこの網でも入れれますね。ほんとならヘキサゴンネットとかの方が使いやすいと思います。

取り込みでバレルと最悪ですからね。

タックルベスト

プロックス製品を使っています。もう4年くらい使ってますが、まだまだ現役ですね。

実売7000円ほどです。

有名メーカー品だと2万円くらいするものもありますが、値段の違いが判らないですね。

丈夫さでは有名メーカー品と大差ないかと思います。まあ、プロックスもそこそこ有名な釣具メーカーですけどね。

アシストフック

こちらは自作しています。

自作方法はこちらからどうぞ。

ショアジギング用のアシストフックを自作する方法
ショアジグ用のアシストフック自作する方法 ショアジグ用のアシストフックって使っていますか? こんなやつです。 私は使っています。青物も根魚も基本的にリアフックのみでも釣れるとは思っていますが、アシストフックがある事によ...

まとめ

私がいつも使っている、ショアジギングで青物を狙う時のタックルを紹介しました。

一言言いたいのは、釣り具は値段じゃないって事。安い装備でも青物は釣れるし、安いからバラスとかも無いですね。

釣れる釣れないは、魚の気分なので、気分のいい時にあたるように釣行回数を増やしましょう。

釣行回数が増えれば自然と釣れる数やサイズが上がっていきますよ。