安くて丈夫な釣り用のおすすめナイフをご紹介します

買ってよかったナイフ 釣り
スポンサーリンク

安くて丈夫な釣り用のおすすめナイフをご紹介します

釣り専用ではない。

でも、釣りで使える。使いやすい。そして安い。そんなナイフをご紹介していきます。

今回ご紹介するナイフは、私が実際に釣りで使用しているものになります。

青物を絞めたり、内臓を出したりするのに使っています。

冒険倶楽部 WILD BOY(ワイルドボーイ)2

まずはこちらのWILDBOY2を紹介します。このナイフは高校生くらいから使ってます。

安い割に切れ味も良く。刃こぼれも中々しないので長く使えますよ。

アマゾンのレビューは、96件(平均3.8)になっています。

【スペック】

  • サイズ:全長/210mm、刃長/90mm、刃幅/3mm
  • 重量:約150g
  • 材質:ブレード/刃物用ステンレス鋼、ハンドル/RB84(合成樹脂)、収納ケース/合成樹脂
  • 機能:ロープ穴(小、大)、ウロコ取り、山菜堀り、六角レンチ(6、8、11mm)、オープナー&六角レンチ8mm、すりおろし

【レビュー】

安くて丈夫な釣り用のおすすめナイフをご紹介します 安くて丈夫な釣り用のおすすめナイフをご紹介します 安くて丈夫な釣り用のおすすめナイフをご紹介します

買ったばかりは刃が鋭くない為、研ぎ直しをおすすめします。

材質はステンレス鋼になりますので鋼に比べて研ぎにくいですが、時間をかけて研げばすばらしい切れ味になりますよ。

砥石はこちらがおすすめです。

釣った魚を捌くのに必要な道具達【包丁・砥石・まな板など】
今回釣った魚を料理する、釣魚料理に必要な道具をご紹介していきます。包丁・砥石・骨抜き・ウロコ落とし・まな板等ご紹介していきます。メーカーでは、「貝印」や「シャプトン」がいいです。

シースナイフですので魚を締める時も不安がありません。

収納ケースも樹脂製で頑丈です。ベルト通しも付いているので使い勝手もいいです。

さすがに10年以上使っているとぼろくなりますが、まだまだ使えています。

ナイフ以外の機能もいろいろとあり、結構使える機能もあります。

特に、背面のうろこおとしと背面の栓抜きが使えます。

たまーに、ビンの「コロナビール」とか釣り場で飲みたくなる時に便利です。

刃もステンレスですので、海水で使用できます。

釣行後に水道水で洗えば錆びる事もありません。

はくぶん 桜三友

created by Rinker
角利産業(Kakuri Sangyo)

小学校の図工の時に使用していた小刀です。

30代以上の方には懐かしいと思います。今の小学生は使用しているんですかね?

小学校から使っているので、20年くらいになります。本当に刃物って一生ものですね。

【スペック】

  • サイズ:全長/160mm、刃長/45mm、刃幅/2mm
  • 重量:約40g
  • 材質:ブレード/刃物鋼材、ハンドル/天然木、収納ケース/合成樹脂

【レビュー】

安くて丈夫な釣り用のおすすめナイフをご紹介します 安くて丈夫な釣り用のおすすめナイフをご紹介します 安くて丈夫な釣り用のおすすめナイフをご紹介します

主にアジやキスなどの小物をさばくのに使用しています。

シースナイフですので、青物などの大型魚を締める事も出来ます。

ブレードも鋼の為、砥石で研げば切れ味はすばらしいです。

しかしこのナイフは、海釣り用のナイフではないのでこのままでは使えません。

刃も鋼の為、直ぐに錆びます。使用している内から錆びていきます。これ、ほんとです。

海釣りで使えるようにする為に、ブレードの黒錆び加工とハンドルのオイルフィニッシュを行いました。

OLFA クラフトナイフL型

カッターナイフで有名なオルファ社のクラフトナイフになります。

アマゾンのレビューは、63件(平均4.2)になっています。

【スペック】

  • サイズ:全長/115mm、刃長/55mm、刃幅/1mm
  • 重量:約40g
  • 材質:ブレード/ステンレス、ハンドル/ステンレス

【レビュー】

安くて丈夫な釣り用のおすすめナイフをご紹介します 安くて丈夫な釣り用のおすすめナイフをご紹介します 安くて丈夫な釣り用のおすすめナイフをご紹介します

ねじ込み式のスライド式のナイフです。シースナイフでは無いので、血抜き程度は問題なく行えますが、魚を締めるのは危険です。

まあ、私はこれで青物とか締めてますけどね。

刃が欠けたり、切れ味が悪くなった時に砥石で研ぐ事も出来ます。しかし、替刃のみ販売もされているので、刃を交換する事も可能です。

アジやキスなどの小物をさばくのに最適です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、私が実際に釣り場で使っているナイフをご紹介しました。

魚を捌く専用のナイフもありますが、今回紹介した刃物でも十分魚を捌けます。

釣り場で使う刃物ですので、安いもので十分かと思います。

帰宅後に魚を捌く場合は、それなりの包丁を使用しましょう。

おすすめの包丁もご紹介しています。

釣った魚を捌くのに必要な道具達【包丁・砥石・まな板など】
今回釣った魚を料理する、釣魚料理に必要な道具をご紹介していきます。包丁・砥石・骨抜き・ウロコ落とし・まな板等ご紹介していきます。メーカーでは、「貝印」や「シャプトン」がいいです。