【キス】釣ったキスを美味しく食べる調理法(レシピ)を紹介します

スポンサーリンク
【キス】釣ったキスを美味しく食べる調理法(レシピ)を紹介します 釣魚メシ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【キス】釣ったキスを美味しく食べる調理法(レシピ)を紹介します

初夏から秋まで釣れるキス、初夏のピンギスの数釣りも晩秋の大型釣りも楽しいですね。

そんなキスは天麩羅で食べるのが一般的ですが、旨みの強い魚ですので、刺身にしても焼いても美味しいです。

あると便利な道具

炙り料理には必須のバーナーです。私はこれを使ってます。

小型の魚を捌くなら小型の包丁が必要です。三徳包丁だとデカすぎて捌けないですよ。

その他の道具はこちらの記事で紹介しています。

釣った魚を捌くのに必要な道具達【包丁・砥石・まな板など】
今回釣った魚を料理する、釣魚料理に必要な道具をご紹介していきます。包丁・砥石・骨抜き・ウロコ落とし・まな板等ご紹介していきます。メーカーでは、「貝印」や「シャプトン」がいいです。

刺身

【キス】釣ったキスを美味しく食べる調理法(レシピ)を紹介します

材料

特になし

調理方法

  1. キスを三枚に下ろし、腹骨を取り、皮を引きます
  2. 20㎝以上の大物の場合は切り分けても良いですが、小型は半身を1切れの刺身とします

炙り

【キス】釣ったキスを美味しく食べる調理法(レシピ)を紹介します

材料

特になし

調理方法

  1. キスを三枚におろし、腹骨を取ります(皮とその他の骨はそのままでOKです)
  2. 全体をまんべんなくバーナーで炙ります。皮がフツフツするまで炙ると脂が染み出ます
  3. 何もつけなくても旨いですが、お好みで醤油や塩で食べてください

天麩羅