食パンで鯉を釣る方法(パン鯉ゲーム)を紹介します

スポンサーリンク
食パンで鯉を釣る方法(パン鯉ゲーム)を紹介します 釣り方・仕掛け・道具
スポンサーリンク
スポンサーリンク

食パンで鯉を釣る方法(パン鯉ゲーム)を紹介します

身近な河川でメーター級の魚が釣れる、そんな魅力的な鯉釣りゲーム。

今回はそんな鯉釣りの中でも、食パンで鯉を釣る方法(パン鯉ゲーム)を紹介していきます。

鯉を釣る方法は他にもいろいろありますが、もっとも簡単に釣る方法のひとつだと思います。

パン鯉の特徴

食パンで鯉を釣る方法(パン鯉ゲーム)を紹介します

大きさ

30㎝~1mオーバーまで釣れます。

時期

3月~12月が釣りやすい時期ですが、厳寒期の1月~2月もポイントによっては釣る事は可能です。

食べ方

綺麗な川で釣れた鯉は食べられます。鯉自体は非常に旨い魚で、内臓含めて可食部も豊富にあります。

ただ泥抜きが必要なので、生かしたまま持ち帰り2日~3日綺麗な水で泳がせてください。

ただし、用水路やドブ川の鯉は臭いのでリリースした方が賢明です。

パン鯉の釣り仕掛け

食パンで鯉を釣る方法(パン鯉ゲーム)を紹介します

パン鯉ゲームは非常にシンプルなタックルと仕掛けで釣りが可能です。

手持ちのタックルで60㎝級の魚が上げれるものであれば「シーバスタックル」でも「バスタックル」でも「エギングタックル」でも「ジギングタックル」でもOKです。

参考までに私が使っているタックルをご紹介します。

竿

頑丈なショアジギロッドです。50㎝級の鯉ならブチ抜けます。

リール

1万以下のリールですが、ドラグ性能も問題無いです。

タモ・フィッシュグリップ

メーター級の鯉も釣れるので、網は大きいものを選んでください。柄に関しては水面までの高さで選んでください。

水面まで近ければフィッシュグリップでランディング可能です。1000円以下のものだと鯉のパワーに負けるので、それなりに大きく頑丈な物が必要です。

仕掛け

頑丈な針であれば何でもOKですが、チヌ針やグレ針などの軸が太めの針がおすすめです。もちろん鯉針であれば完璧です。

カン付の方が結びやすい人はカン付を選んでください。針はライン(PEならリーダー)に直結します。

エサ

食パンの5枚切か6枚切のお好きな方でOKです。値段の違いは多分無いので、一番安い奴でOKです。

パン鯉の釣り方

パン鯉ゲームはシンプルで、泳いでる鯉を見つけて鯉の目の前に針を付けたパンを流すだけで釣れます。

ただ、活性の高い鯉、低い鯉といて寄せエサを食べるかどうかで判断します。

寄せエサを食べるようなら高い確率で釣れると思います。

パン鯉の釣りポイント

食パンで鯉を釣る方法(パン鯉ゲーム)を紹介します

こういう感じに見えている鯉をターゲットにします。基本的に見えてる鯉を狙うので、水深は浅い所で釣行してください。

上記のような落ち込みは一級ターゲットで、写真には写っていませんが、10匹くらいは鯉がいます。

食パンで鯉を釣る方法(パン鯉ゲーム)を紹介します

パンは1㎝~2㎝くらいにちぎり、耳の部分は付けエサに、真ん中の部分は寄せエサにします。

仕掛けの準備が出来たら、寄せエサを撒き、鯉の反応を見ます。

警戒されず寄せエサを食べれば、そのまま付けエサを投入します。

コイがパンを食べたら一呼吸して合わせます。

食パンで鯉を釣る方法(パン鯉ゲーム)を紹介します

針に掛かると激しく抵抗しますので、ドラグを調整して鯉とのファイトを堪能してください。

十分に弱らせた所で、グリップかタモで掬い上げます。

まとめ

食パンで鯉を釣る方法(パン鯉ゲーム)を紹介しました。

鯉釣りは、身近な河川でメーター級の魚が釣れる魅力的な釣りになります。

その中でも、パン鯉ゲームなら必要な道具も少なく、手持ちのタックルと針、後は食パンがあれば即釣行可能です。

鯉は結構どこにでもいますので、近所の川を探してみてください。