100均の材料で自作ハゼスプーンを自作しました

100均の材料で自作ハゼスプーンを自作しました 自作釣具
スポンサーリンク

100均の材料で自作ハゼスプーンを自作しました

最近巷では、ハゼをルアーで釣るのが流行っているようです。

ハゼルアーで釣ったり、ハゼをクランクベイトで釣ったり・・・。私もワームでハゼを釣った事はあるので、ルアーで釣るっていうのがちょっと気になっていました。

メーカー品だとこういうのを使うみたいです。

まあいつもの事ですけど、高いよね~~~。ボッテルヨネ~。

ということで自作してみようと思います。

※今回はハゼスプーンを自作します。ハゼクランクはB級の安いクランクでも普通に釣れるみたいなのでそのうち記事にしようと思います。

100均ハゼスプーンの材料

100均のダイソーで購入したスプーン。もちろん一つ100円です。重さは8.3gあります。

食わせ用のワームは上の一番細いやつを推奨します。色は目立つピンクが良い感じです。

後は小さめのハリス付きハゼ針を用意するだけです。

100均ハゼスプーンの自作方法

100均の材料で自作ハゼスプーンを自作しました

まずスプーンに付いているハリを外します。100均のルアーは性能が高いものが多いですが、スナップとハリは変えた方がいいです。

スナップは錆びますし、ハリは魚がかかると折れます。100均のハリは粘りが一切ないです。

まあ100円ですのでしょうが無いですけどね。

あとは、ハリスを10㎝くらいにカットし、後ろのスプリットリングに結びます。スプリットリングにハリス止めを付けてもいいと思います。

ハリにワームを付けて完成です。ワームは2㎝くらいにカットしてつけます。

100均の材料で自作ハゼスプーンを自作しました

スプーン本体のコーティングを行います。100均のネイル用のトップコートを使います。

錆び止めも兼ねていますが、面倒であればやらなくても特に問題は無いです。

100均ハゼスプーンの自作コスト

自作というほどでもないですが、100均のスプーンとハリとワームのみで自作できます。

それぞれコストを算出すると

100円(スプーン)+19円(ハリ一本)=119円

※ワームは2㎝くらいしか使わないので省きました。

100均ハゼスプーンでの釣果

100均の材料で自作ハゼスプーンを自作しました 100均の材料で自作ハゼスプーンを自作しました

実釣に行ってきました。キス釣りの帰りに行ったので、餌のイソメで釣行しました。

まあ、問題無く釣れますね。

1時間で10匹くらい釣れました。まだまだ釣れそうでしたが、そんなに釣っても食べれないのでここで納竿としました。

ハゼ釣り場はこちらで紹介しています。

愛知県のハゼ釣り場おすすめ!!
愛知県内のハゼ釣り場おすすめをご紹介します。①潮見台霊園前②新舞子海岸③須磨緑地公園(タコ公園)です。他にも、亀崎港なんかも有名です。衣浦トンネルも11月の落ちハゼの時期には20cm超えのハゼが釣れますよ。

まとめ

いかがでしたか?

正直100均のスプーンで十分な気がします。まあ、100均だと錆びるのが難点ですが・・・。

コストを考えると、メーカー品ってだいぶ利益乗ってるんですね~。

また、ダイワ製のハゼスプーンだと重さが1gみたいなので、こんなスプーンでも釣れるのかもしれません。

初心者が管理釣り場で、激安スプーンでニジマスを10匹釣る方法
初心者が管理釣り場で、激安スプーンでニジマスを10匹釣る方法 冬の寒い時期に最盛期を迎える管理釣り場のニジマス釣り。釣り物が少なくなる真冬にも安定的に数が釣れる貴重な存在です。 慣れれば1日10匹程度釣る事は簡単ですが、初心者の方は...

グレート鱒レンジャーだとハゼでも引いて面白そうですね。