DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠し(プラダン)を自作しました

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました 自作釣具
スポンサーリンク

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

釣りって、意外と車中泊することが多いです。

だいたい釣りやすい時間が夕マヅメと朝マヅメなんで、「前日の夕マヅメ前に釣り場に行って、夕マヅメ釣って、車中泊して朝マヅメ釣って帰る」というパターンが最強です。

その車中泊の際に気になるのが周りの視線です。

釣り場って基本人があまりいない所ですので、防犯上も車内が見えない方がいいと思います。

もちろん車用の目隠しは既製品もありますが、いかんせん高いです。

また、100均のギンギラのマットで自作もできますが、あれは格好が悪いです。

軽くて安くて車内に積っぱなしでも邪魔にならない素材を探していた所、プラスチック段ボール(プラダン)という素材がありましたので、今回はそちらで自作する事にしました。

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠し自作方法

材料

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

プラダン(縦:1820mm、横:910mm、厚み:4mm)

これを使います。エブリーの全面を覆う場合は、3枚くらい使います。

今回はフロントシートの側面とリアシートの側面の4面分のみ作りましたので、1枚ですみました。

プラダン シート 10枚入り 黒 幅301mm ×長600mm 厚5mm

プラダン シート 10枚入り 黒 幅301mm ×長600mm 厚5mm

3,500円(09/25 17:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

自作方法

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

まずは、型枠を取ります。新聞紙で取ると楽です。型枠は左右どちらかだけあればOKです。

窓の大きさは左右で同じですので。

今回はフロント右側とリア右側で型取りしました。

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

なるべく無駄が無いように、型枠通りに切りぬきます。プラダンはカッターで簡単に切れます。

プラダンの固定方法が「はめ込み」なので、一回り大きめに切りぬいて下さい

ただ、そこまで神経質にならなくても、だいたいはまります。

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

こちらがフロントシート側です。

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

こちらがリアシート側です。

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

車にはめ込むとこんな感じです。

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

外から見るとこんな感じです。

車中泊すると窓がかなり結露します。カーテンとかだとかなりベチャベチャになりそうです。

しかし、今回使用した「プラダン」なら拭くだけで解決します。ここはかなりポイント高いです。

自作費用

700円

今回フロントシートの左右とリアシートの左右のみでしたので1枚でいけました。

荷物室の小窓とリアハッチも覆うのであればもう1枚必要になります。

フロントガラスは手持ちの既製品のサンシェードを使いますので、プラダンで目隠しは作りません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

既製品は結構いい値がします。車中泊用の目隠しは安く自作出来ますので、是非自作してみてください。