ワカサギ釣り用のたたき台を自作する方法

スポンサーリンク
ワカサギ釣り用のたたき台を自作する方法 自作釣具
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワカサギ釣り用のたたき台を自作する方法

ワカサギ釣り用のたたき台を自作する方法をご紹介します。

ワカサギ用のたたき台って高いですよね。ただの台じゃんあれ。

メーカー品だと4000円くらいします。まあ、私の釣りスタイルは「なるべく安く釣る」なんで、たたき台に4000円も出せません。

出せないなら自作するしかないってことで、今回自作してみました。

他にもワカサギ釣り用の道具って結構自作出来ます。今回の記事と合わせてご覧ください。

ワカサギ用電動リールの自作方法をご紹介します
ワカサギ用電動リールの自作方法をご紹介しています。愛知県入鹿池にてワカサギ釣りをしています。最近まわりも電動リールを購入していますが、私はお金が無いので購入出来ません。購入できなければ作るしかない。という事で自作してみました。

【ワカサギ用の電動リール】

ワカサギ釣り用の穂先を自作する方法【電動リール用】
ワカサギ釣り用の穂先を自作する方法【電動リール用】 ワカサギ釣り用(電動リール用)の穂先を自作する方法をご紹介します。 ワカサギの穂先って高いですよね。 メーカー品だと4000円くらいします。まあ、私の釣りスタイルは「...

【ワカサギ用の穂先】

ワカサギ釣り便利グッズ自作方法【穂先・たたき台・針外し】
ワカサギ釣りの便利グッズを自作する方法をご紹介しています。具体的には、「竹で作るワカサギ用穂先」、「ベニヤ板と万力で作るワカサギ用たたき台」、「フォークで作るワカサギ用針外し」の作り方をご紹介していきます。

【ワカサギ用のその他道具】

材料

ワカサギ釣り用のたたき台を自作する方法

  • ボート固定用の万力(ダイソー製)
  • ベニア板(100均の板を半分使用)
  • 金具・ボルト類
  • 万力につけるゴム
  • 板の枠(落下防止)

作り方

ワカサギ釣り用のたたき台を自作する方法 ワカサギ釣り用のたたき台を自作する方法

まずはボートへの接続部分を作っていきます。

万力部分に鉄鋼用ドリルで穴を開けます。ドリルの刃は100均で購入出来ます。

開ける位置は適当で大丈夫ですが、今回は8㎝あけました。

ワカサギ釣り用のたたき台を自作する方法

続いて、電動リールを乗せる所を作っていきます。100均の板を半分使用して、横15㎝・縦20㎝になるようにカットします。

カットしたら、万力を固定するナットを埋め込みます。ナットの位置は適当に決めてください。ナットとナットの間隔は、万力に合わせて8㎝あけました。

ナットの入っていない穴は予備で開けましたが必要無いです。二つ開ければOKです。

カットした板に、100均で購入した水性のニスを塗って完成です。

ワカサギ釣り用のたたき台を自作する方法 ワカサギ釣り用のたたき台を自作する方法

ニスが乾いたら、こんな感じで合体させて完成です。ボートの縁に万力で固定して使います。

ボートが痛まないように、一応万力の締めるところにゴムシートを張っています。

ワカサギ釣り用のたたき台を自作する方法

ボートに取り付けるとこんな感じになります。

※写真は落下防止の策をたたき台に施していない時のものです。この後落下しましたので、四隅に板をつけることにしました。

ワカサギ釣り用のたたき台を自作する方法 ワカサギ釣り用のたたき台を自作する方法

このままでも大丈夫ですが、電動リールが滑る可能性があります。四隅を木の端切れで囲います。

他にもゴムを底に貼ってもいいと思います。

自作費用

  • ボート固定用の万力・・・100円(ダイソー製)
  • ベニア板・・・50円(100均の板を半分使用)
  • 金具・ボルト類・・・200円
  • 万力につけるゴム・・・100円
  • 板の枠・・・100円(端切れの板を使えば0円)

 

費用合計:450円~550円

 

10分の1くらいで自作出来そうですね。

まとめ

ワカサギ釣り用のたたき台を自作する方法をご紹介します。

たたき台も10分の1くらいの値段で自作できました。

これで実際にワカサギ釣りに何回か行ってますが、特に問題は無いです。

無いですが、ボートに留め難いんですよね。万力がもう少し大きいと留め易いんですけどね。

たたき台は購入してもいいかもしれませんね。

これですね。うーん高いけどね~。