富山県でエギングでアオリイカが釣れるポイント

富山県でエギングでアオリイカが釣れるポイント その他
スポンサーリンク

富山県でエギングでアオリイカが釣れるポイント

中々富山までアオリイカを釣りに行く人は少ないかと思います。

まあ、大阪から富山までは、370㎞で4時間30分。名古屋から富山までも、240㎞で3時間かかりますから。

そもそも釣り人が少ないのでライバルが少ないです。その為、プレッシャーも少ないのかアオリイカが沢山釣れますよ。

今回はそんな富山県でアオリイカが釣れるポイントをご紹介していきます。まあ、今回紹介した以外にも富山であればだいたいどこでもアオリイカは釣れますけどね。

因みに私のおすすめのエギはこれです。私はヤマシタ派です。

カラーはムラサキ系が好きですね。

あと、イシグロの安いエギが意外と釣れます。根がかり気にしなくていいのもありますけどね。

ルアー・エギ用品|エギ用品|プライベートブランドのご案内|釣具のイシグロ |釣り情報サイト
「ルアー・エギ用品/エギ用品」のプライベートブランド商品一覧です。昭和27年創業。静岡・愛知・滋賀・岐阜で26店舗。大型釣具専門店。最新の釣り情報、セール情報、イベント情報など満載。初心者から上級者までお客様の”遊び”のお手伝いします。釣具のイシグロにお任せください(^_^)/.Tsulino

入善漁港

写真上の東防波堤から外に向けての釣りがメインになります。ただ、テトラが四角いので乗りにくいです。十分注意してください。

底は砂地ですので、根がかりは無いです。港内でも釣れますが、数は少ないようです。

また、入善漁港から続く砂浜ですが、沖にテトラが入っています。このテトラにアオリイカがついていますので、ランガンで狙って行けば数が稼げます。

ここから数キロ、テトラが入った砂浜が続きます。1日あっても回りきれないですね。

石田フィシャリーナ

マリーナ併設の釣り桟橋です。無料で開放されています。

釣り桟橋として管理されているので、柵があって安全だし、トイレも完備。釣具の貸し出しに、売店で餌も購入できます。まあ、至れり尽くせりなのでファミリーにおすすめです。

ということで、サビキ釣りでアジやサバ等のベイトが寄っているのでアオリイカも釣れます。

子供も多いので周りには気を付けて釣りしてください。

魚津港

蜃気楼が見えるとの事で、釣り人以外にも観光客やカメラ好きが多くいます。

堤防自体も広大で、駐車場も広いです。道の駅も併設されていますね。

アオリイカのポイントは、堤防外側になります。全面テトラが入っていますが、丸テトラなので乗りやすいです。

底は砂場なので根がかりは無いですが、特に狙うべきストラクチャーも無いので、回遊待ちになります。

潮あたりがよく、潮が速いので重めのエギを準備してください。

新湊漁港

写真上の堤防がメインの釣り場になります。テトラが入っていますが、丸型ですので乗りやすいです。

手前に沖堤防があるので、その際を攻めてみてください。

新湊漁港では、セリの見学が出来ます。午後1時から「昼セリ」がおこなわれていますので、マヅメ時以外の暇な時間に見学してみてください。

この辺りは他にも観光地がいくつかありますね。

氷見漁港

ブリで有名な地区ですね。ここも堤防外側がポイントになります。テトラも丸型なので安全です。

潮アタリは抜群ですが、意外と水深は浅いです。底は砂地ですので根がかりは無いです。

女良漁港

「めら」と呼びます。富山県と石川県との県境まで直ぐのポイントです。

港内に根が点在していますので、港内でもアオリイカが狙えます。

富山県はあまり港内で狙える所が少ないので貴重なポイントです。まあ、港内にもいるにはいるんでしょうけどね・・・。

別県ですが、石川県の能登半島もアオリイカの好ポイントが多いです。てか釣り人がいないので、イカがスレていないので直ぐに釣れます。入れパクです。

中々能登半島までは行けないですが、アオリイカのシーズンに車中泊で行きたいですね。

まとめ

富山県のアオリイカが釣れるポイントをご紹介しました。

富山県のエギンガー人口は少ないです。大阪、名古屋からも遠いので来ないです。

釣る人が少ないのでアオリイカもスレていなく簡単に釣り上げられます。いいね。

富山県全域のポイントに言えますが、底が砂のポイントが多く潮が速い所が多いです。

基本、アオリイカは回遊狙いになりますので、ランガンしている場所を探していってください。