平成最後のショアジギングin富山

平成最後の富山ショアジギング 釣行記
スポンサーリンク

平成最後のショアジギングin富山

毎年GW恒例の富山ショアジギングに行ってきました。ここ2年ほどは毎年ボウズですので今年こそは爆釣といきたいものです。

平成最後の釣行は富山でしめる事になりそうですね。

朝まづめは、生地でショアジギング

富山ショアジギポイント(生地海岸)

朝まづめは、生地の海岸で釣りを始めました。まだまだ山に雪が残ってますね。

生地のショアジギポイント

黒部港の右側に広がる海岸が釣りのポイントになります。岬上に張り出している為、潮あたりは抜群です。

生地のこのポイントは、水深も深く底まで40gのジグでカウント40秒ほどかかります。

使用したジグはこちらです。

底はゴロタ場で、ごつい海藻も茂っていますので根がかりが頻発します。

あまり底を攻めすぎると根がかって釣りにならないので、そこそこに攻めると良いと思います。

例年五月過ぎると稚アユが接岸します。その稚アユを追って青物も接岸します。

最盛期になると岸際5mまで青物が寄ってバチャバチャやってます。

当日は、特になにも無く12時まで釣りしましたがボウズです。

まだ稚アユも接岸していないっぽいです。

夕マヅメは、魚津港でショアジギング

富山ショアジギポイント(魚津港) 富山ショアジギポイント(魚津港)

昼ご飯を食べて、魚津港に移動してきました。

朝マヅメは生地で釣りして、夕マヅメは魚津港で釣りするのがいつものコースです。

例年に比べて人が少ないです。10人いないくらいですかね。

ここにきて雨も上がってきました。

魚津港のショアジギポイント

蜃気楼で有名な魚津港ですが、青物の釣れる好ポイントになります。

蜃気楼目当ての観光客も多いので注意して釣る必要があります。

堤防が沖にせり出ている為、潮あたり抜群です。大潮だと底が取り難いくらいです。

底は砂地ですので、根がかりの心配はありません。底まで、40gでカウント30秒くらいです。

使用したジグはこちらです。

堤防上のくの字になっている個所が一級ポイントで、よくナブラも起きています。

個人的には、朝マヅメより夕マヅメに釣れる事が多いポイントです。

今回も、19時の日の入りまで釣りを行いましたがアタリも無く完全ボウズ達成です。

青物以外にも、フカセでのグレ、穴釣りでの根魚。夜釣りでイカ、アジなどが釣れます。

以前60cmほどのヒラメを釣った事もあります。

富山新港は立ち入り禁止です。

本日は完全ボウズでしたので、このまま帰るわけにも行かず、夜釣りに突入する事にしました。

夜釣りで25cmほどのアジが上がる「富山新港」に行く事にしました。

富山新港に行ってびっくり。車が止まってない。

マジですか?マジっすか?釣れてないの・・・?

 

富山新港立ち入り禁止

立ち入り禁止になっとるがな・・・

終わった。富山の夜釣りポイント兼、サゴシポイントの好ポイントが・・・

釣人が死んだ為らしいです。いや、死なんでよ。

まとめ

いやー、平成最後の釣りでボウズになるとは・・・

ありがとう平成。

山に雪が残っているようだとまだ青物には早いようです。

富山の青物も5月末くらいから盛り上がってくるかもしれません。

今後の釣果情報はようチェックですね。

当日の状況はこちらでした。

釣行日:2019年4月30日 朝~夕
釣果:ボウズ
潮:小潮【満潮:13時7分 干潮:6時5分 18時47分】
天気:雨のち曇り
心も体も寒かったので、ラーメン食べて帰りました。
富山ブラック