【島勝浦漁港】グレ・アオリイカ・キス・アジ・青物・カマスが釣れるポイントです

スポンサーリンク
【島勝浦漁港】グレ・アオリイカ・キス・アジ・青物・カマスが釣れるポイントです 三重県の釣り場一覧
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【島勝浦漁港】グレ・アオリイカ・キス・アジ・青物・カマスが釣れるポイントです

三重県の紀北町にある「島勝浦漁港」をご紹介します。

近くに尾鷲港があるため、こちらに来る釣り人は多く無いようで結構空いています。

和具の浜海水浴場も近くにあるので、海水浴兼釣りという家族サービスも出来ます。

釣り場紹介

釣り場 島勝浦漁港
住所 三重県北牟婁郡紀北町島勝浦
釣れる魚 グレ・アオリイカ・キス・アジ・青物・カマス
トイレ なし
駐車場 あり
釣具屋 つりエサ市場尾鷲店  地図  24時間
コンビニ ファミリーマートみやま相賀店(車で20分)

釣具屋まで距離があるので、予め釣具や餌は購入した方がいいと思います。

おすすめポイントを紹介

「島勝浦漁港」のメイン釣りポイントになる第一堤防です。堤防先端部は外側にテトラが入っていないので、フカセ釣り・団子釣り・投げサビキ等がやりやすいです。

時間に寄りますが、あまり人がいないのでノンビリと釣りが出来ます。

釣り出来る時間があり、6時~18時(冬季は7時~17時)になります。開放時間は堤防入り口のフェンスに書いてあります。

底は砂地ですので根がかりはありませんが、水深が結構深いです。深いのでシーズンになると青物も接岸してくるんでしょうね。

第一堤防の根元のポイントです。第一堤防は根元側にテトラが入っていますので、テトラからの釣りになります。

テトラなので、グレやチヌ・アオリイカなどが寄ってきます。

水深は先端に比べてだいぶ浅いですが、根がありますので根がかり注意です。

港内にある第二堤防から港内にかけてのポイントになります。

第一堤防と違い時間の縛りが無いので、夜釣りにおすすめのポイントです。

水深も外側に比べて浅いですが、底に所々根があります。

アジやセイゴのルアー釣りや、岸壁のタコ釣りなどがおすすめです。

釣れる魚と釣り方

グレ キス

アジ

アオリイカ

青物

カマス

アジ

  • グレ・・・第一堤防外側からフカセ釣りで釣れます。水深が深いですが、1ヒロくらいで釣れます。サイズは20㎝~という感じです。時期によっては爆釣しますよ。
  • キス・・・この漁港は基本的に砂場ですのでキスは釣りやすいです。ただ、水深が深いので手返しが悪いです。比較的水深が浅い港内の方が釣りやすいです。
釣れるキス釣り仕掛けとは【1本バリ仕様のすすめ】
釣れるキス釣り仕掛けとは【一本バリ仕掛けのすすめ】ということで、一本バリのメリット・デメリットをご紹介していきます。
  • アジ・・・アジングかサビキ釣りで釣れます。第一防波堤が夜間は立ち入り禁止ですので、アジングする場合は港内での釣りになります。水深がまあまああるので、重めのジグを使った方が底が取りやすいです。
  • アオリイカ・・・春の親アオリと秋の子アオリが狙えます。エギングでも釣れますが、釣り人が少なく、場所が広く使える利点を活かしてヤエンで釣るのがおすすめです。港内全域どこでも釣れます。第一堤防のテトラ帯でも釣れますが、エギンガーが多いのでヤエンはやり難いです。
  • 青物・・・サイズは小さく20㎝程ですが、ブリ系・カンパチ系・メッキ系などが釣れます。第一堤防外側で20g以下のジグかジグサビキで狙えます。
サバ・アジ・カマス釣りに最適!安くて釣れる「おすすめジグサビキ」はこれだ
安くて釣れる「おすすめジグサビキ」をご紹介します。サバ・アジ・カマス釣りなどにに最適です。ショアジギの際にジグサビキを行えば、お土産確保出来る可能性が大幅にアップしますよ。
  • カマス・・・秋から冬にかけてカマスが釣れます。秋は10㎝ほどのカマスがアジングタックルで釣れますが、冬になると30㎝級が回ってきます。アジングタックルで、小型のジグで狙えます。
ウルトラライトショアジギング【ULSJ】のすすめ!「小サバ」「ツバス」「ショゴ」「メッキ」「カマス」釣りなどに
「小サバ」「ツバス」「ショゴ」「メッキ」「カマス」釣りなどにおススメな「ウルトラライトショアジギング【ULSJ】」をご紹介します。釣り方や、タックル仕掛け、対象魚などをご紹介しています。

まとめ

島勝浦漁港をご紹介しました。

名古屋から高速使って3時間ほどかかり、大阪からは4時間ほどかかる為釣り人はかなり少ないです。

その為のびのび釣りが楽しめます。

流石にここまで来ると海が綺麗です。たとえ魚が釣れなくても気分が晴れますね。

近くに海水浴場もあるので、朝一釣りでそのあと海水浴なんていう欲張りプランもありですね。